1. TOP
  2. 恋愛・婚活
  3. 30歳以降の遠距離恋愛、どう決着をつければ良い?

30歳以降の遠距離恋愛、どう決着をつければ良い?

 2016/09/24 恋愛・婚活
この記事は約 6 分で読めます。 3,882 Views
遠距離恋愛_アイキャッチ

「遠距離恋愛」といえば、普段は相手となかなか会えず、無料通話サービス&ウェブカメラ&携帯のメッセージアプリなどを駆使して顔を見、声を聞くのが精いっぱい…という、なかなかにハードルが高い恋愛の種類です。若いうちはそれでも燃え上がるかもしれませんが、30歳を過ぎてからも、同じように盛り上がれるでしょうか?

出産のタイムリミットも少しずつ忍び寄る中、どこかで決着をつけなくては…という思いが大なり小なり頭をよぎってくるはずです。続けていても、先が見えず辛くなってくるだけですから。そこで今回は、30歳以降、遠距離恋愛に決着をどうつければ良いのか?について見ていきたいと思います。

 

決着1:結婚

結婚式結局、結婚することが一番のゴールですよね。お互い仕事をやめられないなどの事情があれば、別居婚という手もあります。私の友人に、30歳過ぎて遠距離恋愛を成就させた子がいます。3年ほど無料通話サービスをメインに交際し、数か月に1回お互いの地元を行き来してデート…という生活でしたが、お相手の海外赴任を機に結婚となりました。彼女は仕事を辞め、専業主婦となり赴任先についていきました。

「海外赴任についていく」というのは、相当ハードル高いですよね…>< 現地の言語や生活習慣、文化になじんでいかなければならないのですから。国内であっても、近所とのコミュニケーションやら細かい文化や方言にも馴染む必要があるわけですし…。結果、これが難関となり別れてしまうカップルも結構多いようです。赴任といっても、何年になるかわからないケースが多いですから尚更です。

ともあれ、「この人となら結婚しても大丈夫」と判断できたら、海外赴任に限らずどこか良きタイミングで結婚した方が良いと思います。なるべくなら早いうちに。20代のときのような余裕はもうないのですから、相手を長々と見極めている時間はありません。

 

決着2:離別

離別悲しいですが、離別という決断が必要な場合があります。決着1の場合、どちらかが仕事を辞めて相手の居住地に移住するといった思い切りが必要になりますが、それが叶わない場合は、例え好きでも離別した方が良いでしょう。仕事を取るか?恋愛を取るか?です。

実は私も学生~新社会人時代、遠距離恋愛を経験したことがあります。その当時から無料通話サービスは存在していたので、そちらをメインにやりとりしていました(スマホはなかったので、ガラケーでメールのやり取りも平行していました)。時にはお互いの居住地に行き来もしました。

ですが私はお相手の居住地に移住する気は全くなく、地元で就職しました。お相手も、私の地元に転職してまで引っ越してくる気持ちはありませんでした。もうその時点で、遠からず離別となるのは目に見えていました。結果として、徐々にお相手からの連絡も途絶え、自然消滅に近い形で終焉となりました(そのままなあなあにすませるのではなく、メールで別れる旨のやり取りはしました)。

これは30歳前の決断ではありますが、30歳を過ぎて同じ決断をする…というのはなかなかに辛いことです。また次の相手探すの?30歳を過ぎた状態で本当に見つかるの?と不安になりますし、仕事を辞めるのかどうか?転職できるのか?という生活に直結する問題も絡んできます。とりわけ正社員での転職は厳しくなってくる年齢ですから、いろいろ考えた結果、離別した方が良いと判断に足る材料があるのなら、サクッと別れて次の恋愛に向いた方が無難でしょう。

 

決着3:遠距離恋愛状態の継続

パソコンとスマホを駆使する女性結婚をせず、子供も作らず、遠距離恋愛の状態を継続するのもまた選択肢の一つだと思います。精神的に辛くなければ、ですが。その場合は、周囲からの執拗な圧力に耐えるかスルースキルを発揮する必要がでてくるでしょう。それができる人に向いた決着方法ですね。恋愛より仕事を優先するのならば苦にならないでしょうし、共同生活をすることによるデメリットも発生しません(元々の生活習慣が違うわけですから、一緒に住むとなるとどこかですれ違いが発生してもおかしくありません)。

お相手がどう思っているかにもよりますが、もしお相手が結婚も離別もしない状態を是とするならば、上手いこと続くでしょう。いつかどこかで方向転換したくなったら、お互いきちんとすり合わせをし、まとまったそのときに結婚でも良いと思います。

 

決着4:遠距離から近距離恋愛に変更

決着1と比べると遠回りになりますが、まずは一旦近距離恋愛に変更するのも一手です。「急がば回れ」の考え方ですね。会える頻度がぐっと増えれば、それだけで気分も盛り上がります。決着2より1に辿り着く確率もグンとあがることでしょう。

ただ、ここで問題になってくるのはやはり、仕事。辞めるにしても、結婚してそのまま専業主婦になる…というわけではありませんから、自分自身の仕事や生活空間を確保する必要が出てきます。お相手のために転職できるのか?今までと異なる場所に住んで馴染むことができるのか?がカギとなります。年齢を経てからの転職は(看護師など何処でも確実に就職できる職種でない限り)本当に難しいですから、お相手を取るか?仕事を取るか?選択の時だと思います。

上にも書きましたが、この選択に迫られた昔の私は、結局仕事を取りました。まだ若く、実家を離れることが想像もできなかったという理由もありますが、仮に今同じように遠距離恋愛をしていたとしても、最終的には仕事を取っていたと思います。私に不労所得はありませんからね。仕事の問題は、どこまでいっても恋愛以上につきまとうのです…(+o+)

 

番外:そもそも、遠距離恋愛は選択しない方が良いの?

もし30歳を過ぎた状態でお相手がいないのなら、「国内だろうが海外だろうが、彼の行くところならどこにでもついていくわ!」という人、「結婚はしないし子供もいらないけど恋愛はしたい」という人を除き、遠距離恋愛は最初から選択しない方が良いでしょう。

出会いの機会そのものは30歳過ぎてもまだあるのですし、最初から近距離に絞って探した方がクレバーな選択だと思います。遠距離を選んでしまったら、後後辛くなる可能性の方が高いですよ。

逆に国内・海外への移住どんとこい!という人は、テレビで時折放送しているお見合い番組や全国あちこちの婚活イベントにガンガン参加申し込みをしてみましょう♪その結果お相手がみつかり、多少の期間遠距離恋愛になったとしても、そのリスクをものともせずゴールインできるはずです。

 

【30歳以降の遠距離恋愛、どう決着をつければ良い? まとめ】

・20代のころほど余裕はない!結婚してしまう
・悲しいけど、辛くなってしまう前に離別する
・この方が心地良い?遠距離恋愛状態を継続する
・急がば回れ!遠距離から近距離恋愛に変更する
・30歳過ぎたら、遠距離ではなく身近で恋愛を見つけた方が無難

年齢があがるとライフスタイルは変化していくもの。特に30代は大きなライフイベントが多いですよね。恋愛もその一つ。その先どうするのか?も考える必要がどうしてもでてきます。恋愛を夢見る可憐な乙女…をいつまでもやってはいられないんですよね。悲しいですが。30歳過ぎて遠距離恋愛を継続する場合は、仕事と恋愛、出産。待ち受ける様々なライフイベントを考慮し、どれを優先するのかしないのか?を定め、どの選択を選んでも後悔しないようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

遠距離恋愛_アイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ayako

Ayako

IT企業に勤めるOLです。フェミニン系ファッションをこよなく愛しています♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 冬から春へ衣替えの際、次の秋にラクラク取り出せるベーシックファッション

  • 【カラーファー】を上手く取り入れて冬のオシャレをエンジョイ!

  • 「カラータイツ」を履きこなしてオシャレな秋冬大人コーデ♪

  • 30代女性が着こなしたいフェミニンブランドコーデリスト

関連記事

  • 函館山夜景の切なすぎる思い出~傷心旅行なら他所をオススメします

  • 初デートで気合を入れたコーデに彼氏から「変だよ」とダメ出しが。でもその失敗を糧に彼女が掴んだものは・・

  • 結婚の挨拶のために2人で私の実家へ。和やかな雰囲気をぶち壊したのは・・

  • つけまつげで大失敗、デートが楽しめなかった日

  • 初デートで気合のメイクとキレイめワンピースでキラキラ女子完成!でも行き先はバイクで牧場でしたww

  • エジプトのガイドから日本にまで届いた恋文「あなたのことが好きでたまらない。結婚して欲しい。日本に行っても良いですか?」