1. TOP
  2. ビューティー
  3. 美容の実習モデルを頼まれて断れなかった私。眉アートとまつ毛パーマの悲惨な結果・・

美容の実習モデルを頼まれて断れなかった私。眉アートとまつ毛パーマの悲惨な結果・・

 2017/09/21 ビューティー
この記事は約 4 分で読めます。 214 Views
美容モデルを断れない

私は、美容学校に勤務する知人から学生の実習のモデルになって欲しいと言われました。

知人には日頃からお世話になってますのでどちらか言えば私は肌が弱いですのでお断りしたかったもののお断りできない状況でした。

これは大阪府在住の40代女性の私が、一年前に体験しました美容の失敗談です。

眉アートの実習モデルに

知人から肌に優しい物を使うのでカブレる人は少ないという言葉を信用して実習モデルになることにしました。

実習モデルは様々な分野で募集してました。

知人は、まず眉アートの実習モデルになって欲しいと言って来ました。

眉に色を埋める感じで痛くないように何かを塗るみたいに聞きました。

痛いなら止めておきたいと正直思いました。実習生の眉アートに使う道具を見ましたら掘るみたいな事を勝手に連想してしまい恐くなりました。

いよいよ眉アートが始まる時が来ました。

針で触られてるような感触を感じ痛かったです。

眉アートの眉の形は一体どうなるのかな?と思ってました。

実習生一人が眉を書いてました。せめて先生が横についててほしいとばかり思いました。

痛みに耐えた一時間 それなのに眉の左右が・・

眉の一本一本の間に色を埋める感じで地道な作業が進んでますが変な眉になったらどうしよう?とばかり不安になりました。

痛みも眉の一本一本針が進む度に感じますが強く痛みを感じるところもあり思わず[痛い]と口走ってしまう事も何回かありました。

一時間ぐらいして出来上がりましたが左右の眉の形が異なります。

しかも私の眉毛の色とは異なる色です。前髪でごまかさないとならないぐらいでした。

眉アートは何年か持つとの事で今も左右形の異なる眉で見栄えの良い眉に自分で矯正しないとならない毎日です。毎日矯正に時間が掛かってます。

まつ毛パーマの実習モデルにも

また別の実習モデルをした時の事です。まつ毛パーマの実習モデルも頼まれてしました。

肌が弱いだけにまつ毛パーマは今までした事がなくこれも不安に思いました。

もし失敗してもすぐに取れるから実習モデルになっても良いかなぁという感覚で受けました。

まつ毛パーマの液は、二種類あり癖を伸ばす液とパーマする癖をつける液があります。

痒みも感じず何の問題もないと思ってた矢先にパーマをする為にくせをつける液が私の目に入りました。

目に違和感があり痛く痒くなりました。鏡を見ると目が真っ赤に充血してました。

私のまつ毛パーマの実習モデルは途中で中断となり未完成のままロットからまつ毛を外しました。そのお蔭で左右違うくせのまつ毛となりました。数ヶ月の経てば取れますのでしばらくの辛抱でした。

エステの実習モデル等をしてコンタクトレンズを外してティッシュの上に置いてましたらコンタクトレンズの乗ったティッシュをゴミと間違われて捨てられてたりした事もあります。

実習のモデルは無料でしてもらえましたが無料以上に損失が多かったと思います。

実習モデルをするなら美容院で経歴何年とかいう方なら今後受けようと思います。

無料で実習モデルをして眼科に行ったりして診察費が高ついたり、出来栄えが悪すぎて他所でやり直す等して費用を使ったりして、経済的にも精神的にもダメージが大きかったです。

大阪府在住の40代女性です。自由業をしてます。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

美容モデルを断れない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • はじめてのパーマでヤキソバニーに変身

  • ショートカットで丸顔の輪郭をカバーして小顔作戦!でもロングに比べて手入れが大変でした。

  • 「デブでギャルとかヤバイから。目真っ黒」と言われ泣いて帰った~盛ればいいと思ってた若い頃の勘違いメイク

  • しっかりメイクの方のクレンジング選びと正しい洗顔の仕方

  • なんとか太らないように努力を怠らなかった20代。それにひきかえ30代になると・・・

  • シミ対策化粧品と数年間使ってきたビーグレンとアンプルール。私の感想を書いてみます。