1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. リンゴなんてもう見たくもない!ストレスいっぱいのリンゴダイエットの失敗体験談

リンゴなんてもう見たくもない!ストレスいっぱいのリンゴダイエットの失敗体験談

 2017/11/02 ライフスタイル
この記事は約 5 分で読めます。 488 Views
リンゴダイエット

私は現在30代の千葉県在住の女性です。これはわたしが高校生の頃に行ったダイエットのお話しです。

もともと私はぽっちゃり体型でした。小さな頃から背丈も高く、横幅も少しありました。しかしその頃はまだ、他の子供と比べると少し大きくて体格のよい子だったのです。

背の順で1列に並んだとき、いつも1番後ろをキープしているという、クラスに1人はいるタイプの子供でした。

ところが成長期、思春期を迎え身長が伸びなくなってきた頃、横幅だけは成長が止まることはなく、あっという間に太った人になってしまったのです。

もともとぽっちゃりだったとはいえ、決して標準体重を越えるということはなかったのに、気がついたときには、もはやとてもではないけれどぽっちゃりとは呼べないくらい、太って醜くなった自分がいました。

そして私が太ることに拍車をかけた原因は、通っていたのが女子校だったということです。

色気より食い気、そんなクラスメイトたちがたくさんいたので、休み時間に飲む甘いイチゴ牛乳も、お昼休みに食べる徳盛の牛丼やラーメンをためらう環境になかったのです。

どのお店にも着られる服がない現実。ダイエットを決意!

そしてそのまま高校を卒業し、晴れて学生となった私。

ルンルンした気持ちでいたのは数日でした。

「服がない!」

そうです。高校は制服だったので、当たり前ですが通学時に着る服で困ることはなかったのです。

当時は今ほどぽっちゃりに優しい時代ではありませんでした。

若い女性のためのアパレルは、取り扱っているサイズはほとんどがLまで。

あってもLL。それが着られない人はミセスの大きいサイズのコーナーに行くしかなかったのです。

それはとても切なく屈辱的でした。

どこのショップへ行っても着られるものはありません。

やっと見つけたフロアの角の、本当に小さなヤングLサイズコーナー。

しかし残念なことに、某デパートだったので、学生の私がそうそう購入できる価格ではありませんでした。

そしてついに一念発起。

ダイエットを決意したのです。

私が行ったダイエットは、一時期とても流行したリンゴダイエットでした。

なぜリンゴダイエットにしようと思ったのかというと、リンゴであれば季節を問わずどこのスーパーでも簡単に購入できるということ、コスト的にもリンゴは手軽に始めやすい価格で販売されていること、そして何より甘くておいしいフルーツを食べるだけでよいという理由からでした。

そしてその方法はとても簡単。3日間の食事をリンゴに置き換えて食べるだけ。

こんなに簡単でいいの?そう思いながら早速スタートしました。

3日間リンゴダイエットの最終日に事件は起こった

1日目の朝は快適にリンゴを食べて、そのおいしさを味わいながら食べました。

こんなに簡単でしかもおいしくて、これで本当によいのだろうか?とさえ想ったくらいです。

お昼ももちろんリンゴを食べました。

その時も全く問題なく過ごしました。

さすがに夕食のときは、他の家族が食べる普通の食事を見ているのが辛くて、自分の部屋でリンゴを食べた記憶がありますが、やめたいと思うほどではありませんでした。

2日目の朝はまだダイエットに対する気力があったことと、体重が1キロ減っていたこともあり、リンゴを食べることができました。

それに3日間でよいという期間限定でもあったので、まだ余裕は残っていたのです。

なんとか夕食もリンゴで済ませ、ついに最終日を迎えました。

ところがその最終日の朝が辛かったのです。

目覚めてすぐに思ったのは、

「リンゴいらない。」

でした。

なぜか一晩寝たら、無性にリンゴが嫌になってしまったのです。

食べることはもちろん、見るのも嫌。

でも体重計に乗ればさらに1キロ減っている。

かなり葛藤しましたが最終日だということ、リンゴはともかく、こんなに簡単に痩せるのならもう1日頑張ってみようと奮い立たせ、なんとかリンゴだけで最終日も過ごすはずでした。

しかし最後の最後、夕食のおかずとして食卓に並んでいた餃子を、たった1個つまみ食いしてしまったのです。

たった1個、されど1個。

その1個を食べてしまったことが許せなくて、情けなくて、涙が出てきました。

なぜ最後まで頑張れなかったのか、あと本当に少しだったのに。

その思いだけが、いつまでも残りました。

ダイエットは成功した!けれど・・

結果としては見事に2.5キロの減量に成功。

しかしまたこのダイエットをやろうとは思えませんでした。

何が辛かったかというと、毎日毎食、同じ味と同じ食感だけしか感じられない、それが辛かったのです。

それからしばらくは、リンゴを食べたときのサクッとした食感がイライラして、仕方がありませんでした。

私が失敗した理由をあげるとしたら、リンゴ単品だけをただひたすら食べたことかもしれません。

リンゴダイエットと名のつく以上リンゴを食べることは大前提なのですが、少しアレンジして、食事をとる前にリンゴよく噛んで食べ、お腹を少し満たしてから食事をすることで、全体としての食事摂取量を減らすことで、カロリー量を減らすことにつなげるなどの、工夫が必要だったのかもしれません。

リンゴダイエットは私が初めて行ったダイエットだったのですが、その後のダイエット経験と比較すると、確かに始めてすぐの効果としては絶大でした。

始めた翌日の体重はマイナス1キロですから、魅力的なダイエットではありました。

しかし精神的にはとてもストレスのたまる日々を過ごすことになりました。そもそも簡単に痩せることができる夢のようなダイエットは、ないのです。急激に簡単に痩せるということは、どこかに負担がかかっているのです。

自分の体は自分でしか、大事にすることはできません。それからは時間をかけて、少しずつ減量するダイエットに切り替えました。

最近気になっているダイエットは、スープダイエットです。スープであれば職場のランチとしても持参できますし、作りおきが可能なことも魅力です。味付けをアレンジできれば、毎日飽きることなく続けることができるのではないかと期待しています。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

リンゴダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • アラサーOLのたまには豪華ランチ2★ ~中華料理編~

  • エンチラーダ【アラサーOLのたまには豪華ランチ&ディナー★】

  • 雨の日の自転車通勤でも濡れないオシャレファッションのあれこれ

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 美味しい道産和牛を堪能っ☆ホテルのバーでシャンパン&カクテルも♪

  • 朝夜逆転ダイエットは欲望との闘いだった…朝から豪華に食べられると思った私が馬鹿でした