1. TOP
  2. 健康
  3. 脂肪燃焼スープダイエットの体験談

脂肪燃焼スープダイエットの体験談

健康
この記事は約 6 分で読めます。 780 Views
脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープで自己流ダイエット【大阪府30代女性】

2013年3月~9月の半年で自身の結婚式のためにダイエットを開始しました。

結果は私=6キロ、夫=15キロの減量に成功しています。

※夫の減量が大幅なのは元がかなり太いのとスープに加えてランニングも行なっていたからです。私はランニングは無しでスープのみの実践になります。

脂肪燃焼スープの自己流レシピ

まず、脂肪燃焼スープとはどんなものかと言いますと…

固形コンソメスープにトマトホール缶、セロリ、キャベツ、タマネギ、ピーマンなどを加えて作るスープです。お世辞にもおいしいとは思えないものですが夫はおいしいと言っていました。野菜が好きな方にはいいのかもしれません。ネットで調べれば詳しいやり方やレシピなど出てくるとは思いますが私は本格的なやり方ではなく、自己流でアレンジして継続する事を意識して行いました。

共働きで2人とも営業職のためお弁当は作らず外食メインの食生活です。

残業などもあるため、夕飯もお惣菜や外食、出前などが多いといった生活スタイルでした。

夜はスープ生活、お米が食べたくなったら玄米を食べる。肉はローストビーフなど赤身ならOK。

でも連続での摂取はNG(スープ、スープ、肉、スープはOK!肉、肉、スープはNG)として、昼は外食OK。好きなものを食べて良し。白米もOK。ハンバーガーなどのファストフード、カレーはほぼNG、それしか無理なら良し。糖分、油分は取りすぎないように意識する。

運動は続かないことを自覚していたので

飲み物は水かお茶。コーヒー、紅茶は無糖のみ。お菓子NG。小腹が空いたらナッツのみOK。チョコレートは少量ならOK。

朝食については玄米を食べる時もあったり、抜いたりしていました。

お酒類は甘くないものと、蒸留されたもの(焼酎、ハイボール、ウィスキー)は良しとして、アサヒかどこかで出している糖質ゼロのものはOKとしていました。

この方法を選んだのは運動は絶対に続かない事を長年の経験で知っていたことと、確かにこれまでの食生活は悪すぎたので普通に戻るための足がかり的な役割も含めて選びました。

外食メインの食生活では野菜不足や栄養の偏りがあり健康面を考えてもコスト面を考えてもいい事がなかったので。

玄米は最初は抵抗がありましたが慣れると美味しく炊けるようになります。

毎日スープではも飽きないようにカレー味にしてみたり、豆乳を入れてトマトクリーム風にしてみたりと(これもクックパッドなんかにレシピがあります)ササミやキノコを入れてみたりして乗り切っていきました。

効果は実感できた

効果の実感は高く、結果面でも満足なのですが当然ながらこの生活を止めると体重も体型も戻ります。。。

そして、少し体重が増えても「またスープ生活すればいいや」と高を括るクセがついてしまいました…。

目標に合わせて痩せるには向いている方法ですがこれを日常にするのは少しキツイです。

ダイエットはいつまでに何キロ痩せるかという目標がある時は頑張れますがそれを越えると継続が難しいのだと感じました。

もともと自分に甘い人間には第三者の管理があったほうが良いのかもしれません。

そういった意味でもエステやヨガ、ピラティスなど通うタイプの物を健康維持の為に行うというスタイルの方が私には合っているのかもしれません。

現在、ダイエット前よりも増えてしまった体重を何とかしなくてはいけないのでホットヨガを検討中です。

どうしても飽きてしまう脂肪燃焼スープ【大阪40代女性】

このダイエットを試みたのは30代くらいだったと思います。当時急激に太り始めて走るとおなかが揺れるといった緊急事態にあせって、様々なダイエット方法を試しました。

その時手を出したのはテレビで確かアメリカの糖尿病患者向けのこのスープがダイエットに最適!というのを見て、食餌制限が大嫌いな私は思い存分食べられるのも魅力的で、やろうと思い立ったのでした。

脂肪燃焼スープのレシピ

この「脂肪燃焼スープ」はトマトがベースで、厳密に作れば色々規制もあるのでしょうが、キャベツやにんじんなどをどんどんいれていって、コンソメなど好みの味付けでスープとして食べるというものでした。

私が気に入ったのはダイエット以外にもこの野菜がたくさん摂取できるということに魅力を感じたのもあります。

実際作ったのはトマト缶1缶に、キャベツ1/4から時には半玉、にんじん1本、玉ねぎ1個、しめじ、ピーマン、セロリと家にあった野菜をどんどんいれていって最後コンソメで味をつけました。

かなりの量ができるので、この寸胴にどんどん野菜を放り込んでいく過程も面白く、これはもしかしたら成功するかもしれないと予感したものでした。

やはり3日ほどで飽きてくる

このダイエットはこの作ったスープを空腹を感じたらいついかなるときでも思う存分食べてもいいというメリットがあったのもうれしく、また味もおいしいので、いっぱい作ってたくさん食べました(タッパーで会社のお昼にも持っていきました)。

しかしこういうのはやはり続きません。

毎日いくらたくさん食べてもいいといわれても、3日も経てば見たくもなければ食べたくもなくなってくるのです。もちろん色々味を変えたりもしました。

コンソメ→唐辛子をいれて辛めに→カレー粉をいれてスパイシーに、など…。だけれど1週間なんて絶対に無理です。炭水化物が欲しくなってしまうのです。

もちろん結果がでれば話は別です。どんどん体重が落ちればそれが励みになって耐えることができたかもしれません。

だけどこのダイエット方法は他の方法に比べても効果が遅く、体重も見た目もそれほど減りません。

つらさと見合った効果がないと続けられないのは当たり前の話です。

一週間でマイナス8キロはよほどの巨体でなければ無理?

よく考えればこのダイエット方法は、糖尿病患者に向けたものであり、歌い文句だった「一週間で-8キロ」なんていうのは今の体重がかなりの巨体(想像では80~100くらいではないのでしょうか)の人向けの言葉なのかもしれません。

太ったとはいえ、そこまでではない人には目覚しいダイエット効果はないのだと思います。

とはいえ、あれほど野菜をたくさん食べられるレシピもないですし、時々無性に食べたくなるスープでもあります。ダイエット目的というよりはデトックス対策のほうが近いかもしれません。

レシピとしては健康的で優良だと思うのでこれからも食べるとは思いますが、ダイエット目的ではもうやらないと思います。

やはりダイエットはカロリーのプラスマイナスの計算であり、日々マイナスならやせるのですから、結局はカンタンに痩せるのにはそういうカロリー計算が一番かなと思っています。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

脂肪燃焼スープダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • 短期集中型が得意な私が実行した3日間断食ダイエットの体験談

  • 栄養指導のもとでダイエットしましたが鉄分不足栄養失調に、、活動量に応じてダイエットしましょう

  • 私には無理だった~糖質制限ダイエットの失敗体験談をいただきました。

  • スムージーダイエットを実践して効果はあったけど続けられなくなった私たちの理由とは?

  • 食事制限ダイエットに取り組んでみた私たちの方法とメニュー~それぞれの体験談です。

  • 酵素ダイエットの体験談