1. TOP
  2. ファッション
  3. 肩パットが主流だった80年代ファッション~ソバージュ暴発!結婚式のオシャレに大失敗した想い出

肩パットが主流だった80年代ファッション~ソバージュ暴発!結婚式のオシャレに大失敗した想い出

 2017/05/08 ファッション
この記事は約 4 分で読めます。 1,110 Views
メドゥーサ

80年代は肩パットが主流でした。

スーツにもワンピースにも全て分厚い肩パットが入っていました。

しかし私の方はものすごいいかり肩です。

肩パットなんか入れなくても充分な体型でした。

また、紫のアイシャドウも流行っていました。

でも目が大きい私が紫のアイシャドウを塗るとド派手な顔立ちになってしまうので敬遠していました。

ソバージュも流行っていました。

でも髪の量が異常に多い私はソバージュも敬遠していました。

結婚式に出席するために流行りのオシャレにチャレンジ!

そんな時同僚の一人が結婚が決まり結婚式の招待状が届きました。

初めて結婚式に出席することになりちょっとウキウキして思いっきりおしゃれしていこうと思いました。

今までは流行っていても出来なかったことを全てためしたくなりました。

いい機会だからと式の前日ソバージュをかけてみました。

美容院を出て直ぐは髪の毛も落ち着ていていい感じでした。

式に着ていくワンピースも思い切って肩パットの入っている紫のものを購入しました。

アイシャドウと合わせて紫の服にしたかったからです。

結婚式の当日、朝シャンで髪が爆発!

当日の朝、髪の毛をセットしようとまず髪を洗いました。

それからドライヤーをかけると先日は落ち着いていた髪がどんどんどんどん広がっていき収拾がつかなくなってしまいました。

どうにか落ち着かせようとワックスを思いっきり塗ったらかたまりはしましたが四方八方に膨れ上がってもうメドゥーサ状態です。

でも時間も迫ってきたのでそのメドゥーサ頭のままメイクをしました。

予定通り紫のアイシャドウにしました。

もう少しもう少しと塗っているうちに目の周りは真紫になってしまいました。

でもじかんは迫っています。服は購入した肩パット入りのワンピースを着ました。

いかり肩に肩パット、もう肩が顎につくくらいの勢いでした。

でも支度に手間取ってしまったのでそのまま急いで式場に向かいました。

もう誰にも会いたくない気分でした。

受付にはノリの良すぎる先輩が2人・・・

しかし運悪く元気のいい二人の先輩が受付をしていました。

恐る恐る受付へ向かう私を見つけた先輩たちは一瞬二人で顔を見合せたと思うと走り寄ってきて両脇をそれぞれが抱え

「申し訳ございません。ちょっと勘違いされているようですがアメフトの試合会場は隣でございます!」

と大声でふざけ始めます。

周りで式に出席するために集まられたご親族やご友人の注目を浴びます。

「先輩、おしゃれですよ!オシャレ」と肩を振りほどこうとしましたが

「あー、お客様素晴らしい、この肩をお持ちならきっと試合ではご活躍できるでしょう。あ、あれその目のアザは前回の試合で負傷されたのですか?」

と言いながら2人は肩を押さえつけ放しません。

「違います。オシャレですってば。シャドーですよシャドー」

「あー怒らないでください。その髪はもしかしたらへび・・あー石にしないでー、メドゥーサ様ー」

こんなやり取りを大きな声で繰り返すものだから、周りの人からはクスクス笑いが漏れたり、ご高齢の方は怪訝そうにこちらを見てたりで恥ずかしくっていたたまれなかったです。

しばらく遊んで満足した先輩たちは受付に戻り、無事式には出席しましたがさんざんな結婚式になりました。

やっぱりオシャレは自分に合ったものをとつくづく感じました。

千葉県にお住まいの40代後半の女性の方から、懐かしい80年代ファッションと、結婚式に出席するためのオシャレが大失敗したエピソードをいただきました。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

メドゥーサ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • 流行に敏感なのはいいけれど年齢も考えて~娘と双子コーデで現れたママ友の話

  • 自転車を漕いでいると靴の色が違うことに気づく!動揺しながらも「これっておしゃれでやってます」を装う私

  • 小さなリボンが可愛い♪ミントグリーンのツインニット【春のショッピングレビュー】

  • 髪を切った友人がこけしちゃんか日本人形か? 小さな女の子の言葉で私たちが思ったこと

  • デートで周りの視線が気になるほどの許し難いファッションの彼氏が私にまでそのダサいセンスの服を押し付けてきたの!

  • オシャレ大好きな私のファッションと美容の失敗体験です