1. TOP
  2. 特集
  3. 長期出張中に買い足すのを諦めた7つのライフアイテム

長期出張中に買い足すのを諦めた7つのライフアイテム

 2016/08/30 特集
この記事は約 6 分で読めます。 584 Views
諦めたアイテム_アイキャッチ

長期出張中!買い足したくても諦めたライフアイテムもあるのです

長期出張中の日常生活は、普段通りとはなかなかいかないものです。最低限の家具家電しか備え付けられていない状態で、結構な数のライフアイテムを買い足した件は別記事でお伝えしたとおりです。

ですが実は、買い足した一方で、出張期間が短いことを根本的な理由として、買うのを諦めたライフアイテムというのも存在するのです。こちらの記事にて、同じように買い足しをせず、代替品を使用している場合もあるのですが、代替品を使用せずとも(あるいは、既にあるものの再利用などで)問題なくやっていけるケースもまた存在するのです。なぜ諦めたのか?も含め今回は、それらのライフアイテムをご紹介したいと思います。

アイテム1:お風呂のふた

お風呂のふたって、地味に必要ですよね。お湯の温度があっという間に冷めてしまいますし。当初は必要かなあと思ったのですが、お湯を入れてからすぐ入ってしまえば何の問題もありません。洗うのも手間ですし、買わないことにしました。

お湯も湯船に残すことなく、お風呂を出るときにサッと抜いてしまいます。思ったより音もうるさくなかったです(換気扇の方が音が響くという^^;;)。なので、ふたを購入しなければいけない理由は何1つなくなってしまいました。特に不自由はしていません。場所も取りませんしね(*^。^*)

よく考えたら、ホテルのお風呂だってふたはありませんよね。仕切りカーテンはありますが、ふたがなくても困ることはないのですから、同じ感覚でいれば良いのだなあと思いました。

 

アイテム2:お風呂掃除用ブーツ

お風呂用ブーツビニール製で、足が塗れずに掃除のできるお風呂掃除用ブーツ。買うだけなら1,000円以内で良いものが手に入るのですが、使う必要無しとして購入しませんでした。主な理由としては、1Kだからだと思うのですが、お風呂が狭いことと、ブーツを置く場所がないことです。冬ではないので、お風呂掃除中は足が冷たくて仕方がない!というわけでもありません。それならば裸足で掃除しても良いじゃないか、ということで、買うのを諦めることにしました。

実際掃除してみて、ブーツは必要ないなあと感じます。シャワーもぬるま湯にしていますし、足が寒いということは全くありません^^

 

アイテム3:ハンガーラック

引越しの時にも欲しかったハンガーラック。引越し先にも服はそれなりにも持っていきました。なので、ハンガーラックがあればとても便利なのですが…結局、買うのを諦めることにしました。幸いにも、クローゼットがそこそこ広く、衣類をハンガーで吊るせるスペースがある程度確保できていたためです(もっと狭いかと思っていたので、そこはありがたかったです)。また、無理に買ったとして、退去時に運び出すのが面倒だなあと考えたのも理由です。

実際、持ってきた服はある程度かけられたのですが(かけられなかった分は衣装ケースや袋に収納)、アイロンが終わったばかりの服を干す場所がなくちょっと困りました^^;;どうするか考えた結果、ロフト有り物件ということで、ロフトにあがるためのはしごにひっかけることで事なきを得ました(;^ω^)

 

アイテム4:物干し竿

物干し竿備え付けの物干し竿が1本あったのですが、「1本では服を干すのに足りないよなあ」と思っていました。ですが結局買いませんでした。小型の物干しハンガーを持参していたことと、毎日少しずつ洗えば1本で十分だということに気が付いたからです。

実際、物干し竿1本で上手く洗濯物を洗えています。幸いにも浴室乾燥機があるため、全てそちらで済ませています。ベランダも一応あるのですが、そちらには出していません。ただ、シーツのような大型のものを干すのは無理があるので、コインランドリーに持って行っています。

 

アイテム5:洗濯カゴ

洗濯ネットは何枚か持参してきたのですが、カゴとなるとそうはいきません。いくら軽くとも、折り畳みもできずかさばるだけのアイテムを持っていくわけにもいかないのです。なら買うのか?といっても、自宅には既にカゴがあるわけですし、これ以上の数は必要ありません。なので買う必要はないと判断しました。

結果どうしたかというと、大きめのビニール袋をカゴの代わりにしています。代替品…というほど大げさなものではありませんが、これはこれで洗濯カゴ代わりとして成り立っていますw 退去時にパッと捨ててしまえば良いだけなので、かなり楽です。

 

アイテム6:本棚

本棚にいる猫サイズの大きいものはさすがにないにしても、小型の本棚、あるいは本を綺麗にまとめて収納するボックスも今は多く販売されています。百円ショップでも手軽に入るのですが、結局買いませんでした。わざわざそこまでして収納する必要はないと考えたためです。期間が限られている出張中、当然買う本の冊数も限られたものとなります。本棚が必要になるほど大量に、短期間に購入する可能性はないと判断しました。

結果、コミックや小説等はロフトの空きスペースにひとまとめにして置いています。雑誌は大きい収納ボックスを1つ買ったため、その中に他の雑貨、アダプタ等と一緒に収納しています。

 

アイテム7:カバンラック

カバンの収納場所は、人それぞれかと思います。床に置いておいても良いのですが、無駄に床のスペースを埋めてしまうだけだと思い悩みました。悩んだ結果、ラックを買うのはやめました。なぜかというと、使っていない備え付けの椅子の背もたれに大きいS字フックをひっかけ、そこにカバンをひっかけることにしたためです。背もたれは金属製で、U字型にカーブをえがいています。後ろから見ると、鳥居に近い形をしています。

備え付けの椅子は2個あります。自分一人で生活する分には、1個しか使いません。勿体ないので、あまり良い方法ではないかもしれませんが、この方法を使うことにしました。あまり大きな椅子ではないため、カバンとカバンが結構くっついているのですが…背に腹は代えられないと思います。床を占領することがない分良いかも…と割り切っています^^;;

 

【長期出張中に買い足すのを諦めた7種のライフアイテム まとめ】

お風呂のふたは必須アイテムではないので諦めた!
お風呂掃除用ブーツはお風呂場が狭いことと、置き場がないため諦めた!
ハンガーラックは、クローゼットが予想より広かったため諦めた!
物干し竿は、1本あれば十分&コインランドリーを併用できるため諦めた!
洗濯カゴは、これ以上買っても退去後に困るため諦めた!
本棚は、買う必要に迫られるほど短期間に大量買いをしないため諦めた!
カバンラックは、備え付けの使っていない椅子を上手く利用したいため諦めた!

「諦めた」とばかり書くと何だか後ろ向きに聞こえますが、買う買わないといった判断は大事です。あれも必要、これも必要といって手あたり次第購入していては、いざ退去するときに「片づけられない女」になってしまう可能性も十分ありますから。退去の際に荷物の片づけに手間取り、当日になってすんなり出られなくなっては大変なことになります。また、備え付けの椅子のように、元々備え付けられているアイテムの中で使っていないものがあれば、利用した方がお得です。

一時的に別の場所に引っ越す際は、買い足しが絶対に必要なアイテム、必ずしも必要ではないアイテムを見極め、退去のことも考えつつ円滑に日常生活を送れるようにしましょう(*^▽^*)

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

諦めたアイテム_アイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ayako

Ayako

IT企業に勤めるOLです。フェミニン系ファッションをこよなく愛しています♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 冬から春へ衣替えの際、次の秋にラクラク取り出せるベーシックファッション

  • 【カラーファー】を上手く取り入れて冬のオシャレをエンジョイ!

  • 「カラータイツ」を履きこなしてオシャレな秋冬大人コーデ♪

  • 30代女性が着こなしたいフェミニンブランドコーデリスト

関連記事

  • 【葛飾納涼花火大会】東京出張の合間に息抜き 夜空をキラキラと彩る花火大会レポート

  • 女性の一人暮らしの防犯・防災対策はこのように

  • 在宅で出来る仕事の種類にはどんなものがある?【在宅ワークのまとめ】

  • 掃除機を買うなら~紙パック式とサイクロン式どっちを選ぶ?~

  • 【東京探訪】都内の巨大アウトレットに挑む!

  • 在宅ワークの基礎知識<自宅でできる仕事・アルバイト>