1. TOP
  2. 恋愛・婚活
  3. 函館山夜景の切なすぎる思い出~傷心旅行なら他所をオススメします

函館山夜景の切なすぎる思い出~傷心旅行なら他所をオススメします

 2017/09/25 恋愛・婚活 旅行
この記事は約 4 分で読めます。 330 Views
函館山

あれは13年位前の事です。
10年近く付き合った彼氏と別れ、傷心の一人旅をすることにしました。
傷心旅行と言えば、北国に決まっています。南国だとどうも違う感じです。

行先は函館にしました。

彼氏と行ったことのある思い出の場所を訪れ、全てを吹っ切り人生やり直そうと思ったのです。
季節は冬。2月の終わり頃です。

函館駅から市電に乗れば良かったものを、北風に吹かれながら感傷に浸りながら歩いて行こう。
そう思った私は大バカでした。

路面は凍結しておりツルッツル。とにかく歩きづらいのです。
北風も容赦なく吹き付けます。
耳もちぎれんばかりの寒さ。

何となく鼻水も垂れてきました。

それでもどうにか函館山の下までたどり着きました。

しかし、そこからが地獄の様でした。
地元の人にはたいした坂では無いかもしれませんが、スキー以外雪道を上ったことのない私には難行苦行です。そのまま歩くと転びそうなので、怪しげなカニ歩きで登っていきました。

洒落た傷心旅行のはずが違う方向に向かっていました。

ようやく函館山ロープウェイの乗り場に着きました。ホッとしたのもつかの間。
「すみませ~ん」と若いカップルに声をかけられました。
続けて何やら質問されました。

ロープウェイの係の方とよく似たコートを着ていたので、係の人と間違えられたのです。
慌てて「私、違います。」とだけ言って逃げました。

ほとぼりが冷めたころ、改めて並んでロープウェイに乗りました。
2人で来た時より何倍もキレイに見えました。
函館駅から苦労して歩いてきた甲斐がありました。

大袈裟ですが、これからの人生一人で頑張って行こうと思いました。

決意も新たにし、帰りのロープウェイに乗るべく列に並んでいました。

そこに、関西弁のおばちゃんが一人現れました。
「いや~。ホント綺麗やわ~」とデカイ声で言いながら、私の前に割り込んでしまったのです。

げっ。と思いましたが、関西人慣れしていないのでどう伝えたらいいか分からず、ま、いいか。と思ってそのまま並んでいました。

そのうち「綺麗やわ~」の声多数。ここにも関西弁のおばちゃんが。と思ったら、私の前に並んでしまったおばちゃんの連れだったのです。

「ここにおったわ」みたいな事を口々に言いながら、私の前に入り込んできます。
一気に5人抜きされてしまいました。

辺りはほぼ真っ暗ですので、独りぼっちの私を認識しなかったのかもしれません。
ロープウェイの中は「何食べよか」昔のお嬢さん達の楽し気な声が響きます。
結局、私の事など全く気付かないまま、おばちゃん達は賑やかに去って行きました。

傷心旅行に追い打ちをかけるような出来事でした。
またまた怪しげなカニ歩きで坂をおり、足元に注意しながら駅近くのホテルまで戻りました。
完璧に選定ミスでした。

函館の夜景はカップルやグループで見に来るものなんだと改めて思いました。
傷口に塩を塗りたくってしまったかのような出来事でしたが、今思い出すと我ながらかなり笑えます。
とりあえず次に傷心旅行に行くとしたら、函館山はやめようと思います。

関東在住の40代女性の方からいただいた函館山への傷心旅行の想い出でした。

うーん・・・傷心旅行にカップルに人気の観光地は避けましょうっていう教訓ですね^^
でも傷心旅行にはどこがお勧めかって聞かれたら、なんて答えようかな・・・これは難問です。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

函館山

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • 女一人旅で巡ってみたい関東の縁結び神社、パワースポット

  • 神奈川の縁結びで有名な神社、パワースポット~週末に小旅行気分で巡ってみたい~

  • 一度は見ておきたい東京の桜の名所15選

  • 30歳以降の遠距離恋愛、どう決着をつければ良い?

  • 女性の一人旅に人気の西日本の国内旅行・観光スポットはココ!

  • 30代女子が「焦らない恋愛」をするための自然な出会い方7選