1. TOP
  2. ファッション
  3. 20代半ばまでオシャレに全く無頓着だった私を変えたもの、それは恋だった

20代半ばまでオシャレに全く無頓着だった私を変えたもの、それは恋だった

 2017/09/06 ファッション 恋愛・婚活
この記事は約 4 分で読めます。 362 Views
恋愛

私は小さい頃からお人形遊びやごっこ遊びに全く興味が無く、男友達と外で走り回ったりゲームをしたり本気の喧嘩をしたりとかなり活発な女の子でした。

小学生にもなれば女友達は人気のブランド服の話をしたり、可愛いアクセサリーの話で盛り上がっていたりと皆おしゃれに積極的でしたが、私はとにかく「遊びたい」という気持ちが先で洋服はすべて親に任せきり、髪を結ぶのは面倒なのでショートヘアというとにかく自分自身に対して無頓着でした。

女友達も多かったのですし、おしゃれに関する話題に入ることもあったのですが、おしゃれをしている友達を可愛いと思う事は多いものの、自身がそれらを身に付けるという想像が一切できなかったのです。

進学・就職してもオシャレにはあいかわらず興味なし

さらに中学・高校へ進学すると土日も部活に打ち込んでいた事もあり毎日制服を着ていれば良いこと、さらにまだまだ遊ぶことに夢中だったこともありどんどんおしゃれから遠ざかって行きました。

そうしているうちにとうとう就職するようになるのですが、そこでも職場の制服を身に付け、通勤は自転車なのでシンプルなパンツスタイル、メイクはお店で選んでもらったものを言われた通りに施すだけという徹底した無関心っぷりで、「可愛くなりたい」「綺麗にみせたい」と思うことは無いまま時間が過ぎて行きました。

住んでいた環境が田舎でお店が無い、というような地理的事情は全く無く、むしろ都心部だったため友人と買い物に行く機会も多かったですし、友人から服をおすすめされる事も多々ありました。

服を選んでいる友人を可愛いと思う気持ちもあり、女の子らしいな、と微笑ましく思う反面、やはり成人しても「自分がおしゃれしたところで」と思うばかりで手を出す事は無いままでした。

そんなオシャレに鈍感な私を変えたのは・・

そうして仕事と趣味に没頭しながら20代半ばを迎えた頃、いよいよ転機が訪れました。

今の主人との出会いです。

職場で出会い、たまたま趣味が同じことがわかり好意を向けていただいたようで、食事やデートに誘われるようになりました。ですが好意を向けられている男性、しかも自分も気になりはじめた男性と出かけるのに今までと同じ格好で良いのか、と20年強生きてきて初めて自分の服装に疑問を持つことになったのです。

そこから必死に雑誌を読んだり、テレビで女優の服装を見たりと研究を始めたのですが、それまで一切おしゃれに関わってこなかった私には流行・組み合わせ・服の名称など何もかもが分からなかったのです。

そこで恥をしのんで母親と妹に事の次第を打ち明け、協力を仰ぎました。

デート当日、母と妹がコーディネートしたスカートに身を包み、妹の手で伸ばしっぱなしだった髪を巻いてもらって出掛けました。

彼が喜んでくれるのが嬉しくて

正直、自分の身慣れない格好に恥ずかしさと笑いだしたい気持ちでいっぱいでしたが、待ち合わせ場所で彼が嬉しそうに見てくれたことで「なんで今までおしゃれしてこなかったんだろう」と後悔する気持ちと、「こんなに喜んでくれるなら頑張りたい」という前向きな気持ちが生まれました。

それからおしゃれの勉強をはじめ、合わせてメイクやヘアアレンジも始めました。やはり彼が喜んでくれるのでとても嬉しいです。

そして結婚し20代後半の現在、このたび妊娠しもうすぐ出産です。

今度は主人のためだけではなく、生まれてくる子どものためにも「恥ずかしくないお母さん」になりたいと思い色々勉強を続けています。

ですが、やはり後悔も多いです。もっと昔からおしゃれに興味があったらせっかくの10代も、もっと楽しいことがあったのか、20代前半でももっといろんな場所に出かけたりしたんじゃないかと思うからです。

おしゃれを面倒くさいと思っている人、きっと多いと思いますがその歳にしか出来ないおしゃれがあります。いつか後悔しないためにもぜひ、おしゃれを頑張ってください。

福岡県にお住まいの20代後半のもうすぐママになる女性からいただいたエピソードでした。やはり恋はそれまでの壁を突破させるパワーのあるものなのでしょうね(^O^)

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

恋愛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • シチューっぽい物を作ろう【一人暮らしの料理レシピ】

  • 体型をカバーする服って、かえって太って見えますね

  • 安物サンダルのつま先部分がストームごとボッキリ折れて朝のラッシュのホームで大転倒!裸足で逃げ帰った私・・

  • 【今思い出しても恥ずかしい】当時付き合っていた彼のおしゃれに対するこだわりが酷すぎ!恋心が醒めて別れました。

  • V系オタク学生の田舎帰省で起きた冷や汗ファッション大失敗の巻

  • アパレルは華やかな世界だけど実際は・・・