1. TOP
  2. ビューティー
  3. 女の最大の敵?シワ 顔、目の下、口元のシワ対策のポイント

女の最大の敵?シワ 顔、目の下、口元のシワ対策のポイント

 2016/12/01 ビューティー
この記事は約 6 分で読めます。 422 Views

シワができる原因は様々です。一番の原因は肌の老化です。

顔は布で覆われることはほとんどなく、外に出れば常に紫外線にあたる状態になります。

シワってどうして出来るの?

本来束になって肌の弾力を守っているコラーゲンが切断され、コラーゲン同士をつないでいるエラスチンという成分を変性させる酵素が分泌されなくなり、最終的に肌の弾力を失って、たるみを引き起こし、シワにつながります。

また、年齢を重ねると、新しいコラーゲンやエラスチンを作る機能が低下するため、シワが目立つようになってきます。深いシワはこのようにしてできます。細かいシワの原因は、乾燥です。充分に水分が足りてない状況だと、皮膚表面が硬くなり、小ジワができます。

その他の原因は、ストレスや喫煙によって、活性酸素が発生し、肌が酸化することによって、コラーゲンが硬くなり、弾力がなくなり、シワにつながります。ストレスと喫煙はシワの大敵です。眉間や目じり、口元のシワなどは、表情筋によるものもあります。しかめっ面によってできる眉間のシワは人相も変えてしまうので、普段から意識しておくことが大切です。

顔のシワの予防方法について

顔のシワは一気に見た目年齢を老けさせてしまう大敵です。顔のシワは、皮膚がたるむことによってできます。原因は、加齢、紫外線などのダメージ、血行の悪さ、むくみ、表情筋によるものなどがあります。顔のシワの予防方法はいくつもありますが、中でも確実な効果と即効性があるのがマッサージです。

造顔マッサージで有名な田中宥久子さんのマッサージは、多くの方がその効果を実感しています。造顔マッサージはまずマッサージクリームを顔全体に塗って、リンパの流れをよくすることから始まります。リンパの流れをよくすることによって顔のむくみがすっきりと取れてきます。目の周りの小じわ、ほうれい線、二重あごのシワ、小鼻の横のたるみをしっかり圧をかけてプッシュし、こめかみ~鎖骨まで流していきます。きちんとマッサージできれば、施術前と施術後では見違えるほど顔がすっきりします。

すごい人では、1センチも顔が小さくなる方もいるそうです。顔のシワはマッサージで予防できるものなので、続けるのと続けないのでは後々大きな差がでてきます。顔がたるまないよう常に口角をあげておくことも顔のたるみとシワの予防につながるそうです。

顔のシワをなんとかするには!?

出来てしまった顔のシワ…どうにかして消したいけどどうしたらいいか分からない!マッサージや保湿や顔筋トレーニング、色々試したけと効果がない!そう嘆いている方への救世主化粧品があります。芸能人やモデルも使用しいて、口コミで広まったビーグレン(b.glen)のアンチエイジングセットです。アメリカ、カルフォルニアで産まれ、国際特許を取得している大人気化粧品です。

アンチエイジングセットは、高濃度のビタミンCをカプセル化した美容液によって、ハリのある肌をつくります。保湿ゲルは、保湿成分であるコラーゲンとヒアルロン酸をナノカプセル化していて、乾燥ジワなどに効果があります。アンチエイジングクリームはネーミング通り、バイオ成分のペプチドを3種類配合してあり、肌の老化によって失われるアミノ酸を補給し、目元口元の深いシワを改善していきます。

どの成分もシワ改善に大変効果のあるものばかりです。多くの体験者が口コミでその効果を実感しています。ビーグレンを続けて使うことによって、シワの改善につながるかもしれません。また紫外線もシワの大きな原因なので、1年中UV対策を怠らないことが大切です。

口元のシワの対策について

小鼻から下にハの時に入る口元のシワ(法令線)は見た目印象を一気に老けさせ、また口角が下がって見えるため、少々不機嫌に見られがちです。目元のシワ同様、たるみや乾燥、肌の老化、ハリ不足、表情筋によってシワができます。口元は顔の中でも一番動かす場所なので、長年の動きの癖がついてしまうのも仕方がないことです。

しかし、ないに越したことはありません。まず自分でできる対策としては、常に口角を上げておくと意識しておくことです。口角を上げると、法令線のに逆らう筋肉が使われるので、シワ予防になります。ハリを与えるためにしっかりと保湿することも大切です。特に目元、口元は大変乾燥しやすいので、保湿成分(コラーゲンやヒアルロン酸)入りの美容液パックをするだけでも、シワの発達を遅らせることができます。

また、口元のシワは筋肉の動きによって出来上がるものなので、むやみやたらに顔筋運動をしても、逆効果の恐れがあります。おススメは、超音波美顔器です。超音波美顔器を利用することによって、1秒間に数百万回の細かい振動を与えるので、細胞に直接働きかけ、血液やリンパの流れをよくします。血液の流れがよくなることによって、むくみが改善され、たるみを防ぎ、法令線を作りにくくするということです。

目の下のシワ対策について

目の下のシワはなぜできるのか、原因は乾燥、たるみ、肌の老化、眼輪筋によるものなどが考えられます。細かくシワができはじめでそのまま放っておくと、どんどん深くなり、取り返しのつかないことになってしまいます。そうならないためにも、まず今できることから始めることが大切です。

まず、紫外線はたるみやシワの大敵です。紫外線を浴びると肌にダメージが蓄積され、衰えてシワやたるみの原因になります。冬でも紫外線を浴びているので、UV対策を1年中しっかりとやることです。次に保湿です。一日の終わりにメイクを落とした後、化粧水を全体にパンパンと塗布するだけでは目の下のシワの保湿には不十分です。

オススメは、コットンに保湿性の高い化粧水もしくは美容液をたっぷりとしみこませて目の下に張り付けて10分ほどパックします。乾燥がひどい方でしたら10分もするとコットンが自然にはがれてくるくらい、肌が水分を吸い込んでいるのが実感できると思います。人気モデルも実際に行っている美容法です。目元のシワ専用のクリームなどもおすすめです。コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分の高い化粧品を選ぶことがポイントです。

シワ対策の化粧品について

シワ対策の化粧品は、シワの原因であるたるみを軽減し弾力を与えさらに保湿機能が高いものが適当です。紫外線による肌へのダメージ、乾燥による弾力低下、表情筋によるもの、食生活や生活リズムやストレスなどもシワの原因になります。シワに直接働きかけるものとしては、肌に弾力を与えるコラーゲンや、高保湿機能であるヒアルロン酸が配合させているものが最適です。

しかし、単にこれらの成分が配合してあるだけではなく、成分が肌の奥深くまで浸透されることが重要なので、成分がナノ化してあるものなどが効果がるようです。最近口コミで「シワに効く!」話題になっているシワ対策化粧品「ビーグレン(b.glen)」はカリフォルニア産まれの特許取得コスメです。

ビーグレンには、高濃度でカプセル化したビタミンC美容液、マリンコラーゲンとヒアルロン酸をナノカプセル化した成分が配合されている保湿ゲル、老化によって失われがちであるアミノ酸を補給するバイオ成分のペプチド3種類が配合されているアンチエイジングクリームがあります。まさにシワとたるみに直接働きかける成分が満載です。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私の好きな「鍋料理」ランキング♪

  • 布団カバーのシミ抜きを実行してみた!【一人暮らしのお洗濯】

  • 大根と鱈のスープを作ろう!【一人暮らしの料理レシピ】

  • うどんのつゆの適度な濃さって?

関連記事

  • over30に似合うヘアスタイルって何?

  • 「お前はギリぽっちゃりだ」会社の先輩のこの一言でダンベルダイエットで腕周りを細くしようと決心!したものの・・

  • ショートカットに憧れを抱いて一大決心のはずが…思い切ってバッサリなんてもう一生しない!

  • しっかりメイクの方のクレンジング選びと正しい洗顔の仕方

  • 紫外線の波長A,B,Cがお肌に与えるダメージのお話~知っておきたい基礎知識

  • なんとか太らないように努力を怠らなかった20代。それにひきかえ30代になると・・・