1. TOP
  2. ビューティー
  3. 手荒れの原因~それは毎日の生活の中にあり!!~

手荒れの原因~それは毎日の生活の中にあり!!~

 2016/12/10 ビューティー
この記事は約 6 分で読めます。 1,646 Views

「冬になると手荒れが起きてくる」、「ひどくなる」と悩んでいる女性は多いと思います。手荒れは痛いだけでなく見た目も悪くなりますよね。人前で手を出すのが恥ずかしいと思ってしまうことも多々あります。手荒れを少しでも快方に向かわせることに力になれればと思います。

手の皮膚の特徴

手の皮膚は皮脂を分泌する皮脂腺が少ない部位です。乾燥や刺激から守ってくれる皮脂の分泌が体の他の部位にくらべて少ないため乾燥しやすく、刺激により角質層がダメージを受けやすいという特徴があります。

特に空気が乾燥して気温が低い冬は皮膚の新陳代謝が低下して、角質層が厚くなります。角質層が厚くなると皮膚のターンオーバーに時間がかかりいったん手荒れをおこすと治りにくいと言うのも特徴としてあげられます。

手荒れの原因は毎日の生活に潜んでいる

1.炊事:食器用洗剤は食器についた油汚れを取るのと同時に手の皮脂も一緒に洗い流してしまいます。
  冬になると水での食器洗いはつらいからお湯で、ということが当たり前になるとさらに皮脂が洗い流されてしまいます。
2.入浴:シャンプーでは頭皮の皮脂よりも手の皮脂のほうが少ないため頭皮がきれいになった分、手の潤いは失われてしまいます。
  湯船に浸かったあとに身体を洗うと皮脂が余分にとれてしまい乾燥に拍車がかかってしまいます。
3.消毒:冬はインフルエンザなどの感染を予防するためにアルコール消毒がスーパーの入り口に設置されていたり、家庭でも使う人が増えています。アルコール消毒はアルコールの揮発と一緒に肌の水分も失われて乾燥や肌荒れが増長してしまいます。
4.摩擦:パソコンキーボード操作や書類、本などの紙類に多く触れる、衣類を干したり畳んだりなどの指先の摩擦によっても肌の皮脂膜が奪われて手荒れを引き起こしたりします。
5.ゴム手袋:炊事などの水仕事のときにゴム手袋を使うことで洗剤などから肌を守ることができますが、ゴム自体にかぶれをおこすことがあります。

手荒れの進行段階

 初期段階:指先が軽くカサついたりします。

 注意段階:手全体にカサつきが広がって、指紋が消えたり、皮がむけたり、軽いひび割れが見られます。


    指先にひび割れが見られる写真

 進行段階:肌がごわついたり、赤みが目立ったり、ひび割れてところどころ血がにじむ。


    赤みが目立ち、さわるとザラザラして水がしみるようになったときの写真

 重症段階:赤く腫れてかゆみがでてきます。割れて出血したり、痛むこともあります。

 最重段階:水ぶくれができたり、指が曲げにくくなったりします。痛みやかゆみも強くなってきます。

手荒れが治りにくいのはなぜ?

手は一日中いろいろなものを触るので肌を安静にすることが難しいのです。ハンドクリームや塗り薬をつけても食品を触る前や職業上すぐに洗い流してしまう状況になることが多いからです。一日のうち、眠っている間の数時間だけ薬やクリームを塗って、あとの時間は刺激にさらされている状況では治らないのは当然といえるのです。まずは手荒れをおこすまえに予防が大事です。

手荒れの予防

1.洗剤を使うときはゴム手袋をはめる:少ない洗い物(コップ一個など)でもゴム手袋をはめて洗剤が肌に触れるのを防ぎます。ゴム自体にかぶれをおこす人はワンサイズ大きめのゴム手袋を選んで、その下に綿の手袋をはめます。ゴム手袋だと感触が鈍くなって汚れが落ちているかわからないから使いたくないという人は医療用手袋が薄くて使いやすいです。素材も天然ゴム、合成ゴム、プラスチックなどの種類があります。

2.手を洗いすぎない:理美容師や医療従事者、調理師など仕事上、手を洗わないということは難しいと思いますがプライベートではできるだけ手を洗う回数を減らします。潔癖症で何かに触った後すぐに手洗いやアルコール消毒をしないと気がすまないという人がいまが、洗いすぎなどで手荒れをおこすと皮膚は不衛生になります。なぜなら洗いすぎて手荒れをおこした皮膚は健康な状態と比べて数十倍~数百倍の菌が増殖すると言われています。洗う回数を減らして手荒れを治したほうが衛生的です。

3.ハンドソープは使わない:ハンドソープ、中でも除菌のものは刺激になるので控えましょう。普通の石鹸でも十分除菌になります。3分以上水道水で流すだけで80%以上の菌が落ちると言われています。

4.手がぬれたらすぐ拭く:濡れたまま長時間おくこと水分の蒸発とともに皮脂の水分も一緒に蒸発してしまい手荒れの原因になります。炊事をするときはこまめの手を拭くようにします。

5.ハンドクリームを塗る:水仕事の後や寝る前にはかならずハンドクリームを塗るようにします。ハンドクリームの選び方で手荒れの予防は治りは違いが出ます。

ハンドクリームの塗り方

1.ハンドクリームを片方の手のひらに取って、手のひら同士をすり合わせる。
2.右手で左手の小指側をつかんで手首側から指先に向かって塗り広げる。
3.次に親指側をつかんで手首側から指先に向かって塗り広げる。
4.反対の手も同じように塗り広げる。
5.最後に指先の爪のまわり揉み込むように一本一本ていねいに塗っていく。甘皮の部分が荒れると変形した爪が生えるので爪周りは特にていねいに塗りましょう。

手荒れを治す方法

1.手荒れの症状に応じた外用薬やハンドクリームを塗る。
 肌に赤みやブツブツがある:尿素配合のクリームや白色ワセリンがいいです。肌を保護して保湿もされます。
 肌の赤みが強く、痒みがある:炎症を起こしている可能性があります。この場合はステロイド剤(副腎ホルモン剤)がふくまれた軟膏が適しています。
 肌に亀裂や出血がある:キズに細菌がつく可能性があります。抗生物質とステロイド剤がふくまれた軟膏が適しています。

ステロイド剤や抗生物質をふくんだ軟膏を使用する場合は皮膚科医に処方してもらったほうがよいです。自己判断で選んでぬると悪化する場合があります。例えば、爪の周りが赤くなるものでカンジダ性爪囲炎という病気があって、ステロイド剤をぬると悪化します。

2.外用薬やハンドクリームはこまめにぬる。
 手に何かをぬるというのは簡単なようで、けっこう難しいものです。日中は少量ずつ回数を増やしてつけるという意識をもちましょう。就寝前は日中よりは多めにつけて休みましょう。外用薬は皮膚科医から指示されたものは量・回数を正しく守りましょう。

面倒でも続けることで健康な状態にもどるまでがんばってください。

手荒れがひどくなると爪が変形する

爪は皮膚の角質が変化してできたもので、ケラチンタンパク質でできています。冬場には爪も乾燥しやすく、洗剤などでいたみます。

爪の付け根の部分の皮膚が荒れると爪の再生に影響を与えてデコボコに変形したり、横に線が入ったような爪が生えてくることがあります。これは、手荒れを解消すると正常な爪に生まれ変わります。

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mimo

この人が書いた記事  記事一覧

  • 地元民がおすすめ!市電で行ける札幌の観光スポット

  • 一度は行ってみたい東京のパワースポット~名所10選~

  • 一度は見ておきたい東京の桜の名所15選

  • 掃除機を買うなら~紙パック式とサイクロン式どっちを選ぶ?~

関連記事

  • ショートカットに憧れを抱いて一大決心のはずが…思い切ってバッサリなんてもう一生しない!

  • 肩より短く髪を切ることに。「まとまりづらい髪質だからパーマをかけた方が良い」美容師の強い勧めを断れなかった結果・・

  • うさぎちゃんメイクの失敗談と攻略法について

  • 紫外線の波長A,B,Cがお肌に与えるダメージのお話~知っておきたい基礎知識

  • はじめてのパーマでヤキソバニーに変身

  • 癖っ毛でついたあだ名はマッシュルーム~髪の毛に強いコンプレックスがあった学生時代