1. TOP
  2. 旅行
  3. 一度は行ってみたい東京のパワースポット~名所10選~

一度は行ってみたい東京のパワースポット~名所10選~

 2017/02/15 旅行
この記事は約 12 分で読めます。 706 Views

地方から東京に観光に行きます。訪れるだけで幸運を引き寄せるという噂の場所、そうですパワースポットに行ってみたいと思います。遊びながら運気がアップするなんてまさに夢のようです。わたしが行ってみようと思っているのところはここです。

明治神宮

明治神宮は日本最高峰の富士山から皇居に抜ける力の流れ(龍脈)の合流点にあたるところで、都会のど真ん中にありながら木々が生い茂る神社です。早朝の神社は木々のざわめき、木々の香りで爽やかな気分にさせてくれるますよね。

明治神宮内の「清正井(きよまさのいど)」はパワースポットとしてよくテレビや雑誌で取り上げられていますね。清正井は浄化や人生の目的をはっきりとさせて道を切り開くパワーをくれるところだそうです。わたしをはじめとした邪念をもって訪れる人が多いので
陰の気が溜まりやすく、夕刻以降や雨の日に訪れると悪い気をもらって来ることがあるそうです。訪問予定日に晴れることを祈っています。

・名称 明治神宮(めいじじんぐう)
・所在地 〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
・電話番号 03-3379-5511
・最寄り駅 地下鉄千代田線「明治神宮前駅」より徒歩約2分
JR山手線「原宿駅」より徒歩約2分

皇居

『皇居とは』と改めて説明することはないと思います。日本人なら知らない人はいないと思うからです。
しかし、皇居がパワースポットと言われているかを知らない人もいるとおもうので簡単に説明すると、江戸城(現在の皇居)を造る際富士山や秩父山系からのエナジー(生気)を江戸に集め、エナジーの終着点が江戸城に集まるように風水で設計されたからです。したがって皇居には良質な気が満ちているのです。たとえ悪霊がついていたとしても皇居に入ると悪霊は弾き飛ばされしまうのだそうです。わたしのような邪念ぐるぐるの人間だと霊ではなくワタシ自身が飛ばされてしまうかもね。^_^;

半蔵門から二重橋にかけてのエリアに強い気のパワーがあると言われています。

外苑の砂利道の中の舗装されている二重橋を眺めると良いそうです。

・所在地:〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1
・電話:03-3213-1111
・最寄駅:千代田線「二重橋前駅」6番出口徒歩5分、都営三田線「大手町駅」D2出口徒歩5分、JR「東京駅」丸の内中央口徒歩10分

浅草寺

浅草寺は1400年の歴史を誇る都内最古のお寺です。
慈悲深い現世利益の「浅草観音」として強力な慈悲のパワーを持つ聖観音様が守っている聖域です。
慈悲深い観音様なので誰でも分け隔てなく参詣者すべてを受け入れてくれます。
ご利益は生活に困らない程度の金運や自分の努力ではどうにもならない不幸から助けてくれるそうです。
大金をつかむご利益ではなく生活に困らない程度というのが下町で愛される観音様という感じがしますね。

東京に住んでいたときは学校の友人たちとときどき参拝に訪れていたので馴染み深いお寺です。
本堂前にある常香炉の煙を身体の気になるところに浴びせると良くなると聞いていたのでみんなで「頭が良くなりますように」と熱心に頭に浴びせていました。
無事に学校を卒業できたのでご利益があったのかもしてませんね。

毎年7月10日は観音様の縁日「四万六千日」で、この日にお参りをしたら4万6000日(年数に直すと126年)もお参りしたのと同じご利益を得られるとされます。
縁日にはほおずき市が立って、最終日夕方に訪れると格安でほおずきを買うことが出来ます。

平成29年3月29日
再び浅草寺に行ってきました。
今回は時間に余裕があったので本堂以外もゆっくりと見物。

銭塚地蔵堂(ぜにづかじぞうどう)愛称「かんかん地蔵」

金運スポットと名高い「かんかん地蔵」へお参り。

ボードには銭塚地蔵堂の由来が書かれています。

手前にある小石でお地蔵様(原型をとどめていないのでお地蔵様とはわかりません)を軽く打って祈るとかんかんと音がして願い事を聞いてくれるとされます。
原型をなくなった理由としてはお地蔵様から削り取った粉を財布に入れるとお金が貯まるという噂があって多くの人が削って持ち帰ったせいみたい。
お地蔵様の横には削り取るのを注意する看板がありました。
参拝をしようとしたら横から一眼レフカメラを首にかけ、メガネを掛けている30歳前後の男性がわたしを押しのけて、かんかんとお地蔵様を打ってパッパといなくなってしまいました。
お地蔵様の前で他人に失礼な態度をとる人の願いことは受け付けてもらえないんじゃないかな?

薬師堂(やくしどう)
江戸三代将軍・徳川家光公が寄進したお堂で、浅草寺に残る古い建築物の一つだそうです。

五重塔(ごじゅうのとう)

工事中のため見ることが出来ませんでした。

・名称 浅草寺(せんそうじ)
・所在地 東京都台東区浅草2-3-1
・電話番号 03-3842-0181
・最寄り駅 東武線・銀座線・つくばエクスプレス・都営浅草線「浅草駅」
・アクセス 東武線・銀座線・つくばエクスプレス・都営浅草線「浅草駅」徒歩5分

愛宕神社

東京23区内でもっとも高い山の愛宕山、その山頂にあるのが愛宕神社です。
慶長8年(1603年)江戸に幕府を設く徳川家康公の命により防火の神様として祀られたのが始まりだそうです。震災や戦火で数度焼失して、そのたびに氏子の寄付で再建されて現在にいたるそうです。

ご利益は火に関するもの、防火、防災、印刷・コンピューター関係、商売繁昌、恋愛、結婚、縁結びとなっています。
ひとつ気になるのが、どうして特定の職種の印刷・コンピューター関係にご利益があるのでしょうか?どのようなご利益があるのかはわたしには想像できません。是非とも神主さんに聞きたい。

・所在地 東京都港区愛宕1-5-3
・電話番号 03-3431-0327
・最寄り駅 日比谷線「神谷町駅」
・アクセス 日比谷線「神谷町駅」徒歩5分、銀座線「虎ノ門駅」徒歩8分、都営三田線「御成門駅」徒歩8分

高尾山

ミシュラン三つ星観光地として世界的に有名になった山です。登山に興味がない方も有名観光地となれば一度は行ってみたいと思いますよね。標高599mとあまり高くない山なので登山したことがない人でも気軽の登れます。しかも途中までケーブルカーやリフトがあるのでそれらを利用するとなお楽ちんに登ることができます。登山のコースも色々とあるので自分の体力の合わせたコース選びをするのを忘れないように!下りのことも十分に考慮して登りましょうね。

高尾山は富士山から皇居に向かって強い龍脈(大地のエネルギーが流れる道)上にあって、富士山に登ったのと同じパワーが得られると言われています。2号路・3号路・5号路・6号路は高尾山からパワーをいただける登山路で、特に6号路の沢沿いは浄化作用があるパワーロードだと言われています。たしかに樹々の生い茂っている道を歩くと通り抜ける風や木のざわめき、鳥の鳴き声などで心も身体も癒やされる感じがします。

浄化作用だけでなく、勝運・出世運アップ、心身の浄化、健康運・活力アップなどのご利益があるそうです。

高尾山で記念撮影するのなら山を背にして自分の写真を撮ると出世運アップのご利益になるようです。

・名称 高尾山・高尾山 薬王院(たかおさん・たかおさんやくおういん)
・所在地 東京都八王子市高尾町2177
・電話番号 042-661-1115
・最寄り駅 京王線「高尾山口駅」
・アクセス
【電車】京王線「高尾山口駅」徒歩3分、高尾登山電鉄ケーブルカーに乗車6分(清滝駅→高尾山駅)徒歩20分、又はエコーリフトに乗車12分(山麓駅→山上駅)徒歩30分
【車】圏央道「高尾山IC」から1Km(3分)、高尾登山電鉄ケーブルカー又はエコーリフトに乗車(以下同上)

寛永寺

上野の寛永寺は徳川幕府の安泰と江戸町民の平安を祈願するために天海上人が江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に寛永寺を建立したのが始まりです。

寛永寺の敷地は、最盛期には現在の上野公園を中心に約三十万五千坪もありましたが、幕末の戊辰戦争で境内地に彰義隊がたてこもって戦場と化し、主な建物が消失したり、明治政府によって境内地は没収されるなどで大幅に規模縮小して現在の規模になったそうです。

徳川将軍家の菩提寺も兼ねて歴代将軍の霊廟(家綱公、綱吉公、吉宗公、家治公、家斉公、家定公)として埋葬されています。

上野公園噴水広場は寛永寺の本堂跡地で四神相応(青龍・玄武・白虎・朱雀)の最高のパワースポットと言われています。
不忍池の中之島に天海上人が勧請した弁財天が祀られている弁天堂は金運アップにご利益があるそうです。
子宝祈願には清水観音堂にお参りすると良いようです。

・名称 寛永寺・上野公園(かんえいじ・うえのこうえん)
・所在地 東京都台東区上野桜木1-14-11
・電話番号 03-3821-4440
・最寄り駅 JR「上野駅」「鶯谷駅」
・アクセス 【電車】JR「上野駅」「鶯谷駅」徒歩すぐ

増上寺

増上寺の開祖は浄土宗第八祖酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)だそうです。徳川家の菩提寺になるまでの歴史が明らかでないところがあるようですが通説によると家康が江戸入府のおりにたまたま増上寺の前を通りかかって、源誉存応上人と対面したのが菩提寺とするきっかけになったそうです。

寺の場所は江戸城拡張工事を理由に家康によって麹町あたりにあったものを芝に移動させられたようです。風水学的に寛永寺を江戸の鬼門(東北)である上野に配して、裏鬼門(南西)の芝の抑えに増上寺を移したものと考えられています。

家康の手厚い保護もあって増上寺は大隆盛を極めていましたが徳川幕府の崩壊や明治維新後の神仏分離の影響によって規模を縮小させられて、境内の大部分が芝公園となりました。芝公園から東京タワーが見えて増上寺とのコラボがなんとも言えずいいですね。

安国殿は勝運や災厄避けのパワースポットで、堂内に祀られる秘仏の黒本尊は、徳川家康に勝運をもたらした霊験あらたかな阿弥陀如来像が祀られています。黒本尊像は毎年3回、1月15日・5月15日・9月15日のみご開帳(秘仏特別公開)されています。一度は拝観したいです。

増上寺
・名称 増上寺・芝公園(ぞうじょうじ・しばこうえん)
・所在地 東京都港区芝公園4-7-35
・電話番号 03-3432-1431
・最寄り駅 都営三田線「芝公園駅」
・アクセス
【電車】都営三田線「芝公園駅」「御成門駅」徒歩3分、都営浅草線・大江戸線「大門駅」徒歩5分、JR「浜松町駅」徒歩10分
【車】首都高速「芝公園ランプ」からすぐ

神田明神

神田明神は天平2年(730年)に創建された神社です。春になると境内には桜が咲き誇り花見と参拝者が多く訪れる都心のなかの神社です。

平安中期の武将、平将門を祀っています。平将門は関東の地を守る土地神様となって、勝負や厄よけの神様ともなっています。崇敬者には強力な加護をもたらす神様です。

第二代将軍、徳川秀忠の時に江戸の総鎮守社にさだめられ、以後四民から尊崇を集めてきました。

東京に住んでいたときは近くを通ったことが何度かありますが参拝には一度も訪れたことがありません。
いま思うとほんとにもったいないことをしていたな。

神田明神では奇数年の5月中旬頃に日本三大祭の『神田祭』が行われます。生きているうちに一回は見たいものですね。

・所在地:東京都千代田区外神田2-16-2
・最寄駅:JR・地下鉄「御茶ノ水駅」地下鉄「新御茶ノ水駅」「末広町駅」聖橋口より徒歩5分

湯島天神

湯島天神は学問の神様として有名な菅原道真公を祀る神社です。亀戸天神社・谷保天満宮とともに関東を代表する三大天神です。
学問の神様を祀っているので受験シーズンになると合格祈願の参拝者で境内はごった返します。しかも、2月下旬から3月上旬は梅まつりを執り行っているので受験シーズンと重なり合い『静かに参拝』というわけにはいかないようです。でも、どうせ行くのなら梅の季節に参拝に行きたいですね。

湯島天満宮縁起によると”雄略天皇二年(458)一月 勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのがはじまり”とあります。天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)は天照大神が隠れた天岩戸を無双の神力でこじ開けた神様ということで、勝運や強運を授けてくれるそうです。

身内に不幸があった場合は1年間は家庭の神棚や神社にお参りをしてはいけないと言われたことがありましたが、どうやらそれは間違いのようです。
湯島天満宮のホームページによると”一般的に神道では50日祭(仏式では49日)までが忌の期間で、一年祭(一周忌)までが服の期間と考えられています。このため忌の期間を過ぎれば、神祭りを再開しても差し支えないと言われています。”とありました。
年齢が高くなってくると身内の不幸が多くなっていて「神社へ行きたい、でも行けない」という期間が多かったのですが、コレを知ったからには期間を過ぎたら堂々と神社へ行きます。

平成29年3月31日 湯島天神に行ってきました。
3月末日にもかかわらず寒かったです。そんな寒さのなかでも若い人の参拝者がたくさん来ていました。
『御礼参りのご案内』という張り紙があったから、きっと合格のお礼参りに来ていんでしょうね?

参拝にためにならんでいると左手側から結婚式の御一行様が登場!
はぁ~(#^.^#) 見ず知らずの人の結婚式なんだけど見ると嬉しくなって幸せに感じますね!!

どうぞお幸せに!!!

・所在地:東京都文京区湯島3-30-1
・最寄駅:千代田線「湯島駅」3番出口徒歩2分、都営大江戸線「上野御徒町駅」A4出口徒歩5分、銀座線「上野広小路駅」A4出口徒歩5分

大國魂神社

”大國魂神社は、大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]を武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。
この大神は、出雲の大国主神と御同神で、大昔、武蔵の国を開かれて、人々に衣食住の道を教えられ、
又、医療法やまじないの術も授けられた神様で、俗に福神、又は縁結び、厄除け・厄払いの神として著名な神様です。”とホームページに書かれています。

大國魂神社公式ホームページ

出雲大社での参拝は二礼・四拍手・一礼だったと思うのですが大國魂神社の参拝の仕方は二礼・ニ拍手・一礼になっています。同じ神様なら出雲大社と同じ参拝方法じゃないと変なような・・・?気がします。

主祭神大國魂大神いがいの配祀神、小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神・御霊大神・国内諸神がいらっしゃるので一般的な二礼・ニ拍手・一礼になっているのかな?機会があれば宮司さんにお話を伺いたい。

・所在地:東京都府中市宮町3-1
・最寄駅:京王線「府中駅」徒歩3分、JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」徒歩7分

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mimo

この人が書いた記事  記事一覧

  • 地元民がおすすめ!市電で行ける札幌の観光スポット

  • 一度は行ってみたい東京のパワースポット~名所10選~

  • 一度は見ておきたい東京の桜の名所15選

  • 掃除機を買うなら~紙パック式とサイクロン式どっちを選ぶ?~

関連記事

  • 海外旅行を楽しく過ごすために準備しておきたいお役立ちグッズ

  • 女性の一人旅に人気の西日本の国内旅行・観光スポットはココ!

  • 札幌・北海道のお土産には新定番になりそうなちょっとパンチの効いたものを選んでみませんか?

  • 横浜・神奈川への旅行・出張の土産~知名度バツグンでも飽きられていない喜ばれるオススメのお土産

  • 思いたったら小旅行♪女性の一人旅に人気の東海・北陸の観光ルート・スポット

  • 関西の縁結び神社、パワースポットを巡る女ひとり旅に出掛ける!