1. TOP
  2. ファッション
  3. 日焼けはイヤ!アツ~イ夏の日差しを防ぐファッション雑貨とは

日焼けはイヤ!アツ~イ夏の日差しを防ぐファッション雑貨とは

 2016/07/09 ファッション
この記事は約 6 分で読めます。 488 Views
hiyake_woman

いつの時代も、暑い暑い夏の日焼け対策はマスト!

夏って毎年、ほんと~~に暑いですよね!!外に出ず、エアコンの効いた部屋で1日過ごしていたいです><しかしながら、通勤時や遊びに行くとき、買い物に行くときなど、24時間ず~っと引きこもっているわけにはいかないのが現状です。そんなわけで必要なのが「日焼け対策」です。勿論、「日焼け対策なんて何もやってません!」という女子はいないと思います。誰だって、シミは作りたくないですからね。

hiyake_goodsUVカット乳液やジェルは当たり前!夏どころか、一年中塗るのが常識です(紫外線は年中降り注いでいるため)。夜はビタミンC入りの化粧水や美容液でシミの予防をしている方も多いでしょう。メイクの際に使うファンデーションにも、今やほとんどの商品に大なり小なりのUVカット効果があります。

そこで今回は、UVカット乳液やファンデーション以外のアイテム、いわゆる「ファッション雑貨」の分野で見ていきましょう^^

「帽子」は欲しい!でも通勤のときは…?

日焼け防止の定番アイテムといえば、なんといっても「帽子」ですよね!(・ω<)  ……ダジャレじゃないですよ。

しかしながら、通勤のときに真夏の定番・麦わら帽子をかぶるひとはいませんよね…?スーツに麦わら帽子…聞いたことがありません。私服通勤だとしても、違和感は拭えません。通勤以外なら、多々イメージできるのですが。かといって、以下のようなサンバイザーも、通勤時はもっと違和感ありますね(T_T)

fashion_uvcut_sun_visor

では、どうするのか?となると、「そもそもかぶらない」「私服に合うデザインの帽子を探す」といったところでしょうか。

かぶらない、というのも正直ツライ選択肢ですが、その場合は他の手段でカバーするしかないでしょう。

私の会社の同僚に、一年通して通勤時に帽子をかぶっている人がいます。さすがに麦わら帽子は見ませんが、つばのある帽子やない帽子、キャップ、冬用のニット帽まで様々な種類の帽子をコーデにあわせてかぶっています。よく似合っており、オシャレ上手な人だなあといつも感心しています^_^

帽子屋さんに行けば様々な帽子が売られていますし、通勤に向いた帽子を店員さんに相談してみるのも良いですね。

 

「日傘」は強力!頭部をガード!

higasa_josei帽子以上に定番なのは「日傘」です!夏が近づくとよくあちこちで売られていますよねこれであれば、通勤時も普通にさしていけます。会社に着いたらしまえばOKです。

ただ、日差しが強すぎると、日傘が受け止めた熱が持ち手を通して体に伝わってしまうかもしれません。最も熱を吸収する色として知られる黒の日傘にすると良さそうです。

 

「サングラス」や「UVカットレンズの眼鏡」を!

taiyou_sunglass紫外線は目からも入るといわれています。そこで定番なのがサングラスです!紫外線防止以外にも、単純に顔を隠すといった目的でも使われています。

ただ、サングラスも通勤時にはかけないですよね…(>人<;)  先ほどの帽子もそうでしたが、こと「通勤」となると、どうしても他の時とは違い違和感がでてしまいます。朝の通勤ラッシュを見渡しても、日傘はみかけますが、帽子やサングラスはまずみかけません。

そんな通勤時でも目からの紫外線を防御したい方や、サングラスそのものが嫌いな方は、「UVカットレンズ入り眼鏡」をかけると良いでしょう(視力の良い方は伊達眼鏡)。イチから作るとなると少々お値段かかるかもしれませんが、一度作ってしまえば何十年と使いまわせます。これなら、通勤でも自然ですね^_−☆

 

「ロンググローブ」で腕もガード!

夏と言えば半袖!!なのですが、そうすると腕が日焼けしますよね~><そこで売られているのが「ロンググローブ」!これで腕を覆うわけです。これなら、通勤時でも違和感ないですね(*^_^*)

フェミニンコーデなら上品な印象を、カジュアルコーデなら活動的な印象を与えてくれる便利アイテムでもあります。もしアウトドアに行くなら、虫刺され予防にも役立ちそうですね(虫除けスプレーは欠かせませんが…)。

 

イマドキは「UVカットの服」もある!!

雑貨とは離れますが、今はUVカット機能を持つカーディガンやパーカーも売っていますよね。体にまで日焼け止めを塗りたくないなら、服で予防しましょうo(^▽^)o  全身に日焼け止め塗るのも落とすのも大変な上、コストもかかります(>人<;)

服もコストがかかりますが、毎年(容量によっては2〜3ヶ月に一回)買い換える必要がある日焼け止めより長持ちしますからね〜。私も5年前に買ったUVカットのサマーカーディガンを一枚持っていますが、洗濯に強いようで、ボロボロになることもなく今でも現役です(^-^)

とはいえ、基本的に服を着ている箇所はそうそう日焼けするものではありません。なので、アウターを1〜2枚もっていれば十分かと思います。

 

「UVカットストール」もあるぞ!

fashion_stole夏服ですと、首回りはなかなか覆えませんよね。余計暑苦しくなりますし。そこで必要なのがUVカットストールです!これなら薄手なので暑苦しくありませんし、その上オシャレに、紫外線対策ができます!!デザインや数も揃えられますしね。

ただ、これでは多少なりとも隙間ができると思います。気になるのであれば、ストールよりももっとしっかり首元を覆うアイテムもあるようです。その場合、オシャレという面は犠牲になるかもしれませんが、そこは「オシャレを取るか、将来のシミを取るか」の選択ですね。首元は年齢が出やすいですから尚更考えて選択した方が良いですね(≧∇≦)

 

足が焼けないように、「ストッキング」もはこう!

暑いし蒸れるのですが、足が焼けないようにするためには、ストッキングはマストです。特にレジャーに行ったときなど、足の甲は特に日焼けがしやすいです。

紫外線は「照り返し」というものがありますからね。地面まで到達した紫外線がはねかえってくるというのですから、足だってガードする必要があるのです。暑くてもそこは我慢ですよ〜(>人<;)

どうしても履きたくないのであれば、マキシ丈スカートやパンツルックにするなど、コーデを工夫しましょう。

 

【日焼けはイヤ!アツ~イ夏の日差しを防ぐファッション雑貨とは まとめ】

・帽子は被ろう!ただし通勤時はコーデとの相性を考えて。
・日傘を使おう!頭部を丸々覆えるので便利!
・サングラスやUVカットレンズ入り眼鏡で、目もガード!
・ロンググローブで腕も守ろう!
・UVカット機能を持つ服やストールも売られている!
・蒸れるけど、ストッキングを履いてUVカット!

毎年毎年、夏に日焼け対策をするのは本当に大変ですよね>< 通勤時となると尚大変です。ですがこれも将来の肌を美しく保つため!と思い頑張っている女性がが多数だと思います。私もその一人です。

DNAというのは、過去に浴びた紫外線を記憶しているそうで、それが将来のシミに繋がっていくそうです。10代の頃は全く日焼け対策をしていなかった私、今更後悔しているのですが…過去を嘆いても仕方ありません。とにかく、少しでも浴びないに越したことはないのです。

日頃努力したその結果は、1日2日で出るものではありません。効果がなかなか出ない(みえてこない)ものではありますが、シミができてから後悔しても遅いです!明日の美人を作るため、めげずに頑張りましょう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

hiyake_woman

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ayako

Ayako

IT企業に勤めるOLです。フェミニン系ファッションをこよなく愛しています♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 冬から春へ衣替えの際、次の秋にラクラク取り出せるベーシックファッション

  • 【カラーファー】を上手く取り入れて冬のオシャレをエンジョイ!

  • 「カラータイツ」を履きこなしてオシャレな秋冬大人コーデ♪

  • 30代女性が着こなしたいフェミニンブランドコーデリスト

関連記事

  • 周囲がざわつくほどファッションがダサくても、逆に会うのが楽しみになってくるお友達の話

  • 清楚系コーデのはずがキャバ嬢に!?フォーマルさを意識した服装のはずがどことなく夜の香り

  • 安物サンダルのつま先部分がストームごとボッキリ折れて朝のラッシュのホームで大転倒!裸足で逃げ帰った私・・

  • 30代以上のパジャマ 可愛さや色気は必要?

  • シチューっぽい物を作ろう【一人暮らしの料理レシピ】

  • 結婚や出産を機に着たい服を着れなくなる~おしゃれ迷子から脱出した私のファッション感