1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 秋バテ予防に食べたいあったかメニュー7選

秋バテ予防に食べたいあったかメニュー7選

 2016/09/03 ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。 742 Views
コスモス

季節の変わり目は体調を崩しやすい…だから温かいものを食べて予防したい!

夏から秋に変わったばかりのこの時期。実際はまだまだ暑いとはいえ、これから10月が近づくにつれ、毎日の平均気温も下がってきます。そのため、気温の変化に上手く対応できず、倦怠感がある・風邪をひいてしまうなど体調を崩す人が増えるのもこの時期です。いわゆる<秋バテ>です。仕事や家事にも影響が出てしまいますし、体調は崩れないに越したことはありません。事前にできることなら、対策しておいた方が良いでしょう。

秋バテの対策方法はいろいろあると思いますが、今回は体の中から温め、体調管理に役立つ「温かい食べ物」に注目し、ご紹介していきたいと思います。

メニューその1:温かい麺類

ラーメン冷やし中華など、冷たい麺類もありますので、あえて温かい麺類で。ラーメン、うどん、蕎麦など、体の芯から温まる麺類はたくさんあります。スープを全部飲み干すと体に良くないのですが、温かいのと美味しいのでついつい飲んでしまうんですよね>< あ、でもカップ麺はできるなら避けた方が無難です。温かいといえばそうですが、栄養が取れるわけではありませんので。

そう考えると、スープパスタがイチバン無難なのかなあ、と思います。確実に飲み干せますからね。ただ、これがおいてあるお店少ないんですよね~。喫茶店などではまず見かけません。パスタ専門店だと置いてある場合が多いです。ですが、自宅で作ってみても良いですね♪余ったスープをもとにしても良さそうです。

 

メニューその2:スープ類

味噌汁お味噌汁にコーンスープにミネストローネにクラムチャウダーなどなど、スープ類、すなわち流動食って流し込みやすいですよね!キャベツ、白菜、人参、トマト、タマネギ、にら、ナス…などなど、具材として選びたい野菜の種類は数知れず。切って煮て、味噌をはじめコンソメやかつおだしなどで味付けし、塩コショウを振ればあっという間にスープができます!

個人的には、どのような味付けであれ、体を温める効果があるとされるショウガをスープに混ぜるのが好きです。皮をむいて千切りにして入れるケースと、チューブで簡単に済ませてしまうケースがあります。すぐなくなるので、チューブはお徳用です(*´ω`) 効果をアテにしている部分もあるのですが、ショウガ独特の辛味も純粋に好きです。ですが、なぜだかジンジャーエールや飴は苦手です…><

 

メニューその3:雑炊

雑炊雑炊というのは、風邪をひいたときにこそ食べるべきかもしれませんが、そうでなくとも食べたいのがこの雑炊。ご飯がかなり柔らかくなっているので食べやすいですし、温まりますよ^^ レトルトの物だってかまいません。カニ雑炊やたらこ雑炊など、お湯をかけるだけでOK!という便利な商品もたくさんあります。

野菜や肉をぼんぼんつぎこんで…という類のメニューではないと思いますが、具材で迷った場合は、卵を1個割ってかき混ぜるだけでも違います。卵は栄養価満点ですからね♪ 画像のような小ネギや、にらや小さく切ったハムなんかも混ぜたいところです。

 

メニューその4:カレー・シチュー

カレー子供から大人まで、多くの国民に愛されているカレーライス、やはりこれですよ!甘口から辛口まで調節できますし、具材もい入れたい放題です。特にお腹がすいている方は、レストラン等で見かけるように、ハンバーグやウィンナー、唐揚げなどをトッピングするとスタミナつきますよ~~(。+・`ω・´)

また、シチューも野菜や肉がたくさん入っていますし、流動食として食べやすい部類です。カレーと違い、夏に食べる方は少ないかもしれませんが、これからの季節、何回でも食べたくなるメニューです。シチューといえば、ホワイトシチューとビーフシチューとありますね。どちらもレストランではあまり見かけませんよね(特にホワイトシチュー)。たまにあっても、具材メインでお値段も欠航するので、体調管理という面では大きなプラスにはならないのかも、と個人的に思います。

 

メニューその5:辛い物

辛い物…?辛い物が苦手な方も多いと思います。しかしながら、辛い物、とりわけ唐辛子に含まれるカプサイシンには発汗を促したり、食欲増進の効果があります。勿論とりすぎると口の中や胃を不当に刺激することになるのですが、ある程度は取っても問題ありません。

勿論、そのまま唐辛子をかじるのではなく、上にあげたメニューにさりげなくふりかける程度で十分です。私は以前、唐辛子がたくさんのった激辛ラーメンを食べたとき、唐辛子をそのままかじってしまったことがあります。辛いなんてものではなく、口の中全体が痛くなり、とてもじゃないですが続きを食べれる状況にありませんでした。取りすぎには十分注意しましょう…(+o+)

 

メニューその6:鍋

鍋今から!?と思われる方もいるかもしれませんが、時期的に早すぎる…ということはないと思います。温かく、尚且つ野菜・肉・魚が手軽に取れ、更に残った汁で麺やごはんを入れて食べることもできるのですから、これほど優秀なメニューはほかにないかもしれません。秋の味覚の鮭や松茸(高いですが)などを入れて、秋鍋といきたいところです(*^▽^*)

個人的には、火鍋やすっぽん鍋、あんこう鍋など、専門店にいくと食べられるような鍋も食べてみたいですね~。カニ鍋は家でもできますが、専門店で食べるともっと美味しいはず。どれも、お値段はそれなりにしますが…夢は膨らむ一方です(笑)。このくらいポジティブな考えでいた方が、秋バテは防げるのではないか?という気がするのです。

 

メニューその7:すき焼き・焼肉・ジンギスカン

焼肉です。すき焼きでも焼肉でもジンギスカンでも種類は問いません。スタミナをつけるといえばまずは肉です。野菜も一緒に食べることを忘れずに。…とはいえ、家庭ではなかなか準備が大変です。なので、家族や友達と専門店にてワイワイガヤガヤ、ビールの一杯でも飲みながら食べた方が楽しいですね~(#^^#) 探せば、2,000円くらいで食べ放題の焼肉屋さんもありますし。……結果として秋バテはしないかもしれません。でも…お腹に肉がたくさんつくかもしれません。

お肉の食べすぎには、くれぐれもご注意を!最初に野菜をたくさん焼いて食べた方が良いかもしれませんね^^;;

 

【秋バテ予防に食べたいあったかメニュー7選 まとめ】

温かい麺類で体の中から温めよう!スープの飲みすぎには注意。
スープなら口に入りやすい!調理もラクだし味付けを変えれば飽きない!
雑炊でご飯をあっという間にお腹の中に!卵や野菜で栄養を足して。
カレーシチューは良く温まる!野菜や肉もたっぷり混ぜて。
・好きな人にはたまらない!辛い物を食べて体調管理!
でも良い!肉・野菜・魚をたくさん取り、麺or雑炊も食べちゃおう!
・肉が食べられることは元気の証明!すき焼き・焼肉・ジンギスカンで秋バテ予防!

体調不良というのは極力経験したくないものです。だからこそ、日頃からの予防は大事だと思います。予防方法は多々あると思いますが、今回は、私が大好きな「温かい食べ物」に絞ってみました。

勿論、単純に温かい食べ物を食べればそれでOK,というものでもないと思います。適度な休息やエアコンの付けっぱなしをしない等、他にもとるべき秋バテ防止対策はたくさんあるのです。常日頃からできる範囲で対策を取り、元気に秋を過ごしましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

わたしいろ ~ My True Colorsの注目記事を受け取ろう

コスモス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わたしいろ ~ My True Colorsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ayako

Ayako

IT企業に勤めるOLです。フェミニン系ファッションをこよなく愛しています♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 冬から春へ衣替えの際、次の秋にラクラク取り出せるベーシックファッション

  • 【カラーファー】を上手く取り入れて冬のオシャレをエンジョイ!

  • 「カラータイツ」を履きこなしてオシャレな秋冬大人コーデ♪

  • 30代女性が着こなしたいフェミニンブランドコーデリスト

関連記事

  • 重曹を使ってシミ抜きに挑戦【一人暮らしのお掃除】

  • ドリアセット★アラサーOLのたまには豪華ランチ★

  • 女性の一人暮らしのお金事情

  • キレイなお部屋は人生を変える~暮らしとインテリアの素敵な関係~

  • 【これじゃお嫁に行けない】一人暮らしのうちごはん料理レシピ実践集!【私の恥ずかしい写真】

  • 初めての一人暮らしで生活費のやり繰りを上手に行うコツ